Latest Entries

第14回枝折峠ヒルクライム

2017/8/6 第14回 枝折峠ヒルクライム

□ 男子C(36歳~45歳)
□ 7位
□ 39分49秒

男子Cの入賞ラインは40分30秒だと予想してました。
序盤はスローだったし、結果的な入賞ラインの底上げは先日
の甘利山でも感じだけど、
そういう事なんだろな。
ということで来年の男子C入賞ラインは、間違いなく38分台かな。
前後のクラスもそんなに変わらないだろう。

有力どころは、βのシナノッチさんクボタさん、スギゾーさんにハルヒル3位のSトーさん。
つまり全員練習仲間・・w
レース内容は終盤まで残れてないので特に書くことないかな。。

しかし、ホント苦しかった。きつかった。
もうこれ以上の力は出せない。というくらい出し切った。
それ以上に強い方がたくさんいたので、もうコレはどうにもならないので仕方ないです。
悔いはナシ。
でも悔しさはある。
何が違うの?という感じですが、微妙に違う。
次に繋げられるようにしたい。

お初の方、久しぶりの方、たくさんの方と話せてたのしかったです。
特に、○○(仮)秒の大きさ、を話しあったくだりはよかった。
みんな同じような事を感じていたのだ。
そしてその○○秒を埋める為ににサイクリストは汗水流してるんだな。

また地味にやっていきます。


あ、会場ので八色スイカを家族と実家のお土産に買ったのですが、
2000円を1500円におじさんがまけてくれたw
八色スイカ本当に最高です
スポンサーサイト

2017/7/24-30

2017/7/24-30

7/24(月)ジテツウAR_517KJ

7/25(火)雨予報クルマ通勤
枕元にジャージ置いて寝たのにも関わらず、朝疲労感大で起きれず。
でも起きて30分もウダウダしてると、まあなんとか身体動くような気もしてくる。
搾り出せば、L3くらいの仕事はできたんじゃないか、とも思えてくる。
実際は知らんが。
つまり、、意志の問題。
このあたりの積み重ねの差が試合にでるんだろな。。
帰宅後ローラー_272KJ / 10分LT
時間ナシ、明日に繋がる10分を信じて実行

7/26(水)雨クルマ通勤
また起きれず。。
帰宅後ローラー_500KJ / 10分LT×2
時間ナシ、明日に繋がるを信じて10分2本のみ

7/27(木)雨クルマ通勤 / 朝ローラー_300KJ
自転車積んで出勤。仕事後会社から帰宅練コース~会社に戻り自転車積んで帰宅。
仕事後外練_950KJ / 20分LT~2分L6~10分LT~10分LT
今日は喘息の痰詰まりがヒドイ日だった。

7/28(金)休み_流し550KJ
今日は息子の誕生日という事もあり休み取得
買い物や庭の草むしり、ログ部屋にバルサン焚くなど。
朝はのんびり。昼過ぎに夕飯の寿司に向けて、姫百合までL3程で登ろうか。と思って出発したが、
暑過ぎで何も出来ずに退散。

7/29(土)ローラーL2_300KJ
あいにくの雨だけど、上野村恐竜センターが催してる化石発掘体験へ。
スカイブリッジなどにも寄って、雨だけど楽しめた。

7/30(日)ローラー_1002KJ (10分LT×2)、L2走
やはりローラーは嫌な疲労が脚に重く残ってしまう。
が、雨や冬場では必須アイテムでもあるので、うまく使っていかねば。
息子と前橋の温水プールへ

練習的には残念な1週間
残念にしてしまったのは、天気でも仕事の所為でもなく自分の意志の弱さという。。

しかし本当に疲労が抜け難い。
2日連続でLT値20分以上ができない。またはモノ凄く辛い。
絶対的な負荷が少ないからなのか、加齢なのか分からない。
数ヶ月振りにガーミンデータを落とし確認すると、LTSはたったの75だ。
SBはそれなりに低かったが、この疲労が抜けない症状の原因にはならない。
やっぱり慢性的な強度不足で、回復能力も落ちてるのだろう。


次は枝折峠HC
過去の枝折の結果は、
2010年 45分06秒
2013年 40分47秒

40分30秒を目指したい。。気持ちだけは

2017/7/22 ベイブレードバーストG4大会

2017/7/22 ベイブレードG4大会(レギュラー)

近所の事前受付のおもちゃ屋さんで。
今回、いろんな方(大人も、お子さんとも!)と情報交換できて楽しかったな。
某有名お父さんとのお話は、特によかったなぁ。。


今回優勝した子のお父さんは、ノートを手に取り1回戦から全ての対戦の組合せ
と、その勝ち負けをメモってる!!!
シュート力や調整具合、技術差などは試合を見るだけでは読み取れないだろけど、
その研究姿勢はすご過ぎる。
私などは明日のレース見据えて椅子に座ってずっと脚をモミモミしながら試合みてただけなのに。。汗

公式大会は、しばらくmGが中心になりそうな感じではあります。
ゴッドチップ変更によりバースト耐性向上したmGへの対策は、
実質、持久勝ち狙いのみとなりますが、対策ベイとして現状自分と息子の間では、
■同じくmG
■dFPAt

調整不足のmGはdFPAtのゴリ押しで勝率5分まではいけると判断。
(その他レイヤーは、どうにも5分に持ち込むには厳しい結果に。あくまで我が家の場合)
mG同士の場合はシュート力もそうですが、最初に相手側レイヤーの下側に潜ったら勝ち。
的な雰囲気を今回の大会では感じた。
なので、打ち方や落とし方で少しの勝負コントロールはできる可能性はあるのかな、と。
恐らくロックの都合上、殆どのmGはドライバーをOまたはRでセットしているかと思いますが、
今回みた感じ、ディスク選択は数パターン見られた。
コアディスク+フレームの組合せが多かったですが、その他もチラホラ。
我が家は最初4+Mでしたが、対dfを考えると勝率下がる傾向だったので途中で変更したり。
ドライバーはO。
Rも試したが我が家はmGにRは使いこなせなかった。

1回戦 mG vs dF
スピン ○
スピン ○


2回戦 mG vs dF
スピン ○
スピン ○


準決勝(3on3)
1回戦 mG vs gK スピン ○
2回戦 dF vs df バースト ×
3回戦 O vs kD スピン ○
4回戦 mG vs dF スピン ○


決勝(3on3)
1回戦 mG vs gK スピン ○
2回戦 dF vs mG スピン ×
3回戦 O vs dF スピン ×
4回戦 mG vs mG スピン ○
5回戦 dF vs dF オーバー ×

私は『オーディンはもうヤバイ』と何度も言ってのだけど、
息子は強い弱いではなく、「オーディンが気に入ってるから使ってる」ようだ。
まぁ、なら仕方ない。という感じ。
準決勝の対キラー戦は、あーバースト決定。と思ったけど奇跡的にスピン。
でも試合後に息子がオーディン持った瞬間に分解wwやっぱり。

戦国甘利山ヒルクライム2017

2017/7/23 戦国甘利山ヒルクライム2017

ロードB(30~39歳)/ 14位
51分15秒

初参加、目標は24将。
事前発表のエントリーリストで相当厳しい感じ。

右脚ふくらはぎの状態は前回の三峰より良くなっていて、あまり心配していないレベル。

各クラス3分置きにパレードスタートするが、スタート地点までに前後クラスと団子になった。
MIVRO勢マークを決めていたので、そんな感じでスタート。
最初の12分でロードB勢のトップから少し遅れる。泣けるほどシンドイ
耐え忍ぶ。
ラスト5㎞程でTCCの外人さんに並ばれる。(この方が最終的な22将)
しばらく付くが、少しずつ離される。
ライト4㎞程からは20m程先に外人さん含む6名程の集団が見える。
ジャージ的に、序盤12分までに自分が切れたロードBトップ勢の数名と判断できた。
でもここに至るまでに、β勢、cow勢、ロードCにも2名抜かれていたのを把握していて、
前にはロードA勢とチャンピオンクラスがいるので、20m前に見えるアノ集団が、
24将の最終列車だ。と思った。
シンドイけどそんな事は冷静に考えてる。。
でもその20~25mの差が埋まらない。
ラスト2㎞・・1㎞の表示が過ぎる、ぶっ倒れるくらいで踏むがやはり差は縮まらない。
そりゃそうだ。もうこの場面では、そういう意思をもった連中しか残ってないのだし。
序盤に千切れた、中盤に粘れなかった私が弱いだけ。

タイム的には50分30秒前後を目標としていたけど、ぜんぜん届かず。
レース中はお腹の調子も悪くなかったし、脚も良く踏めたと思う。
気持ちもしっかり持てたんじゃないか。

24将ライン。昨年が52分00秒、今年が50分44秒。
来年は確実にもっと上がると思う。

自分が強くなるしか他ないよね。。
恵まれていることに、周囲にそう進化している練習仲間がたくさんいるし。

しかし、もう結構しんどい。
ここらが限界か、って感じる時がたくさんある。
みんなどうやって底上げしてるのだろう。。

2017/7/18-22

2017/7/18/-22

7/18(火)ジテツウAR_550KJ

7/19(水)ジテツウ_1305KJ
LT↑10分-2分走×3本-LT↓18分-LT↓6分
重めギアを上半身で押し込むイメージ練
今日は痰(喘息由来の)が多く絡んでしまい、運動強度上がるとかなりキツかった

7/20(木)ジテツウAR_441KJ

7/21(金)通院の為クルマ通勤
午後胃腸の通院、いよいよ大腸カメラ検査が近づき緊張してきてる・・

7/22(土)調整走_231KJ

Appendix

プロフィール

かずにー

Author:かずにー
サイド1 シャングリラ 1バンチ在住
ジャンク屋稼業

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる